糖尿病で太った・痩せた

糖尿病で太った

肥満は、糖尿病をはじめとする生活習慣病の危険因子の1つです。一方で、インスリン療法を開始して、太ってしまうということも起こり得ます。

元々太っている

糖尿病で太った食生活の変化、日常生活での運動量の減少により、欧米だけでなく、アジアでも肥満者が増えています。国内では、特にご高齢の方に肥満の増加が見られます。
太っている人は、糖尿病になりやすいと言われています。その他、糖尿病の家族がいる、生活習慣が乱れているといったことが重なると、さらに糖尿病の発症のリスクは高まります。

インスリンを使っているうちに太った

糖尿病の治療では、不足しているインスリンを補充するためにインスリン療法を行うことがあります。
インスリン療法でインスリンを補充すると、血糖は血液中に留まらず、本来あるべき形で、全身の細胞へと届けられます。そのために太る(または糖尿病で減った体重が元に戻る)ことがありますが、これは元々の身体の状態に戻っているということですので、決して悪いことではありません。
当然ながら、いつも食べ過ぎてしまったり、慢性的に運動不足であると、余計に太ってしまいます。薬物療法・インスリン療法を開始してからも、食事療法・運動療法を組み合わせ、必要以上に太らないことは、糖尿病治療において重要なポイントの1つです。

糖尿病で痩せた

糖尿病の方は、インスリンが不足するために食事で身体に取り込んだブドウ糖をエネルギーとして十分活用できません。そのため、すでにある脂肪、タンパク質をエネルギーとして使ってしまい「ちゃんと食事を摂っているのに痩せる」ということが起こり得ます。

元々インスリンが不足している人は痩せている

糖尿病で痩せたまた、痩せている方や小柄な方は、すい臓が小さくインスリンが少ない傾向にあります。
こういった方も、「ちゃんと食事を摂っているのに痩せる」もっと言えば「太りたくても太れない」ということが起こり得ます。